とりとめのないことを書いております。
by tempurature
カテゴリ
全体
プログラミング
scheme
verilog
未分類
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
お気に入りブログ
PHPで競技プログラミング
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
情報処理技術者試験 お疲れ様..
at 2016-04-17 18:55
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-14 04:48
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-13 23:03
苦い薬(ハーブ、サプリメント..
at 2016-04-09 14:03
「おバカ度チェックリスト」を..
at 2016-03-24 09:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
paizaのphpコードをデバッグする方法
paizaはプログラマのための求人サイトです。
paizaではプログラミング問題が多数用意されており、それらを解くことによって求人先の企業にアピールすることができます。

そのプログラミング問題をphpで解く場合、デバッグ環境を構築するのに苦労しましたので、以下でやり方を説明させていただきます(Windowsの場合)。

1. Cygwinにphpをインストール
2. phpのソースコードを作成する(ここではa.phpとします)。
3. テスト用入力ファイルを作成する(ここではtest1とします)。
4. 2のソースコードの先頭にphpのshebangを追加する。
 (which phpが/usr/bin/phpの場合は#!/usr/bin/phpと入力します)
5. Cygwinのターミナルでphp a.php < test1と入力する。

4が重要です。man phpの中に”You can use a shebang line to automatically invoke php from scripts."と書いてあるためです。


[PR]
# by tempurature | 2016-02-22 00:21 | プログラミング
「CentOS7で作るネットワークサーバ構築ガイド」のperl-PIRPCパッケージがない
「CentOS7で作るネットワークサーバ構築ガイド」のp.667にperl-PIRPCパッケージと書いてありますが、yum list perl-PIRPCとしてもヒットしません。これは実は、

perl-PlRPC
(パール・ピー・スモールエル・アール・ピー・シー)

パッケージです。


[PR]
# by tempurature | 2016-02-14 12:16
「PHP+MySQLマスターブック」5章の練習問題の概念がねじれていると思ったので
最近phpの勉強をしています。

「PHP+MySQLマスターブック」という評判の高い本を写経しています。けれどもphpの本ってソースコードに愛がない。インデントがガタガタ。そんでもってこの本の冒頭では「 ごめんなさい、もうやめます。

PHPはPerl以上にC/C++ぽいので、ある意味美しいし、イモ臭くもあります。

さて、この本の5章は、phpのクラスについてとりあげていますが、その練習問題のBoardクラスが概念的にねじれているように見えたので私なりに書きなおしてみました。

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>クラスのテスト</TITLE>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; char-set=utf-8">
</HEAD>
<BODY bgcolor="#FFFFFF" text="#000000">
<FONT size="4">クラスのテスト</FONT>
<BR><BR>
<?php
class Article {
  public $subject;
  public $name;
  public $body;
  public function display() {
    print "| 件名:" . $this->subject . "<BR>";
    print "| 投稿者:" . $this->name . "<BR>";
    print "| 本文:" . $this->body . "<BR>";
  }
}

class Board {
  public $subject = "";
  public $name = "";
  public $articles = array();
  
  public function dispArticles() {
    print "題名:" . $this->subject . "<BR>";
    print "管理人:" . $this->name . "<BR>";
    print "記事一覧:<BR><BR>";
    foreach ($this->articles as $article) {
      $article->display();
      print "<BR>";
    }
  }
  
  public function submitArticle($subject, $name, $body) {
    $article = new Article();
    $article->subject = $subject;
    $article->name = $name;
    $article->body = $body;
    $this->articles[] = $article;
  }
  
  public function editArticle($subject, $name, $body) {
    foreach ($this->articles as $article) {
      if (    $article->subject == $subject
           && $article->name == $name ) {
        $article->body = $body;
      }
    }
  }
  
  public function deleteArticle($subject, $name) {
    foreach ($this->articles as $i => $x) {
      if (    $x->subject == $subject
           && $x->name == $name ) {
        unset($this->articles[$i]);
      }
    }
  }
}

class NewBoard extends Board {
  public $subject = "新しい掲示板です。";
}

$board = new NewBoard;
$board->name = "立川";

$board->submitArticle("こんにちは", "神田",
                      "とはいっても夜なんですけどね(笑)");

$board->submitArticle("ぼんそわー", "上野",
                      "それやったら、こんばやろー");

$board->editArticle("ぼんそわー", "上野",
                    "それやったら、こんばんわやろー");

$board->submitArticle("Get New Porns!!", "Andres",
                      "Access our website: www.andres-porn.com");

$board->deleteArticle("Get New Porns!!", "Andres");

$board->dispArticles();

?>
</BODY>
</HTML>


[PR]
# by tempurature | 2016-02-12 23:09 | プログラミング
どうして文字化けするのですか?
ブラウザの文字の文字化けが発生するのは、HTMLの文字コードとブラウザが自動認識した文字コードが一致しなかったためです。

また、たいていのHTMLはヘッダー部に文字コードを指定していますが、たまに指定していないHTMLがあるのでこのような問題が発生します。


インターネットからダウンロードしたテキストファイルやFTP転送したファイルが文字化けしたりするのは、文字コードの他に改行コードの問題もあります。

文字化けを無くすだけならば、使用しているテキストエディタをWindowsのメモ帳から、TeraPadやサクラエディタなどのフリーソフトに変えるだけで解決することが多いです。


文字化けに関する問題でより深刻な2つの問題について説明します。


1.ソフトウェアの誤操作による意図しないコード変換を行ってしまう

FFFTPなどのFTP転送ソフトには「バイナリ転送」と「テキスト転送」のモードがあり、これをきちんと理解しないと、最悪開けないファイルを作ってしまうことがあります。

バイナリ転送とは、転送元から転送先にそのままデータを転送することです。
テキスト転送とは、転送元のOSが使っている文字コード・改行コードから転送先が使っている文字コード・改行コードに変換して転送することです。

例えばWindowsマシン・Linuxマシン間の転送を考えた場合、Windowsのメモ帳で作成したテキストファイルをLinuxマシンでも読めるようにしたい場合にはテキスト転送するのが正しいです。

zipファイル、pngファイルなどのバイナリファイルはバイナリ転送します。
(テキスト転送するとファイルが壊れます)

文字コードがUTF-8のテキストファイルについてはバイナリ転送したほうがいいです(下記で詳細を説明します)。


2.ソフトウェアに対応していない文字コードのテキストファイルを入力してしまう

たいていのWindowsのソフトは文字コードが「SHIFT_JIS」で改行コードが「LF+CR」であることを前提としています。

また、たいていのLinuxのソフトは文字コードが「EUC-JP」で改行コードが「LF」であることを前提にしています。
(ただし、Linuxのソフトは他バイト文字に非対応なものが多いので、EUC-JPのテキストファイルでもダメな場合があります)

このことから、WindowsのテキストファイルをLinuxにそのまま転送してプログラムに入力したり、LinuxのテキストファイルをWindowsにそのまま転送して入力したりするとハングアップします。

テキストファイルで何か問題が発生した時には、まずそのテキストファイルが使用している文字コードと改行コードを確認しましょう。Linuxではfileコマンドを使用します。WindowsでもCygwinをインストールするとfileコマンドが使えます。またはフリーの高機能なテキストエディタ(TeraPadやサクラエディタ)を使うほうが賢明かもしれません。
(ただしfileコマンドが日本語対応しているかに注意しましょう。日本語対応しているlinuxであれば正しい文字コードを教えてくれる可能性が高いです)

次に、テキストファイルの文字コードと改行コードを変更します。Windowsでは高機能なテキストエディタで開いて、文字コードを変更して保存しなおせばOKです。Linuxではiconv, unix2dos, dos2unixコマンドを使えば変更できます。またはnkfコマンドを使ってもいいでしょう。

UTF-8のHTMLファイルについては、HTMLファイルが改行コードに非依存なフォーマットなので、UTF-8対応のテキストエディタで作成してWebサーバにバイナリ転送すればOKです。

UTF-8のソースコードについては改行コードの問題が残るのでunix2dos, dos2unixコマンドで改行コードを変更しないといけないかもしれません。


[PR]
# by tempurature | 2016-02-07 18:19
Haskellで役立つページ
Haskellで役立つ日本語のページを紹介します。


山下伸夫さんのHP



分かりづらいのですが、「Haskell Report 2010」「Haskell Report 98」の翻訳とか、「やさしいHaskell入門」という海外のサイトの翻訳なんかがおいてあります。


[PR]
# by tempurature | 2016-01-31 16:21 | プログラミング