とりとめのないことを書いております。
by tempurature
カテゴリ
全体
プログラミング
scheme
verilog
未分類
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
お気に入りブログ
PHPで競技プログラミング
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
情報処理技術者試験 お疲れ様..
at 2016-04-17 18:55
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-14 04:48
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-13 23:03
苦い薬(ハーブ、サプリメント..
at 2016-04-09 14:03
「おバカ度チェックリスト」を..
at 2016-03-24 09:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧
SICPに対する批判
SICPについてのおもしろい批判をされている方がいらっしゃったのであげておきます。


私もOCaml興味あったんですけど、一週間くらいでできるのであればやってみたいなと。


[PR]
by tempurature | 2015-07-05 15:28 | scheme
【racket】翻訳:Racket Documentation
Racket v6.2

Racket Documentation

はじめに

チュートリアル
クイックチュートリアル: 画像を使ったRacketの概要
さらに: RacketでWebアプリ
もっと: Racketでシステムプログラミング

Racket言語とコアライブラリ
Racketガイド
Racketリファレンス

Racketにおけるパッケージ管理
Racketドローイングツールキット
Racketグラフィカルインターフェースツールキット
Racket Foreign インターフェース(FFI)
Scribble: Racketドキュメンテーションツール
DrRacket: Racketプログラミング環境
raco: Racketコマンドラインツール

Racketプログラミングの方法

教育
プログラミング設計手法(HtDP: How to Design Programs)
プログラミング言語設計手法
ティーチパック設計手法

書籍「Essentials of Programming Languages」に登場する言語
書籍「Programming Languages: Application and Interpretation」(PLAI)
書籍「Picuturing Programs」のティーチパック
書籍「Die Macht der Abstraktion」のティーチパック

Racket環境で扱う他の言語
Typed Racketガイド
Typed Racketリファレンス
R6RS: Scheme
Datalog: 演繹データベースプログラミング

ツール
RacketでのWebアプリ
futureモジュールの可視化ツール
最適化コーチ
PLaneT: 自動パッケージディストリビューション
Racklog: Prolog風ロジックプログラミング
RackUnit: ユニットテスト
Redex: 実用的なセマンティックエンジニアリング
プリプロセッサとしてのScribble
Slideshow: 図表とプレゼンテーションのツール
Web Server: HTTPサーバ

DrRacketプラグイン

DrRacketツール

GUI・グラフィックライブラリ
Framework: Racket GUIアプリケーションフレームワーク
Pict: 機能的なピクチャーライブラリ
Pict Snip: PictオブジェクトからSnipインスタンスを構築する

Browser: 簡易HTMLレンダリング
Cards: 仮想ゲームカードライブラリ
Embedded GUI: エディタ付きのウィジェット
Games: 楽しい例
GL Board Game: 3Dゲームサポート
Images
Plot: グラフ描画
Turtle Graphics
MrLib: 追加GUIライブラリ
GL: 3Dグラフィックス
String Constants: GUI国際化対応
Syntax Color: ユーティリティ

ネットワークライブラリ
Distributed Places
OpenSSL: セキュア通信
Net: ネットワーキングライブラリ
Windows Native SSL: セキュア通信

パーサライブラリ
HTML: パーサライブラリ
JSON
Parser Tools: lex/yaccスタイルパージング
File: Racket ファイル・フォーマットライブラリ
XML: パージング・ライティング

ツールライブラリ
Dynext: Cコンパイラ・リンカの実行
Macro Debugger: マクロ展開を追跡
Make: 依存性マネージャ
Readline: REPL
Errortrace: デバッグ・プロファイリング
契約プロファイリング
Trace: ファンクションコールを表示するツール
Profile: 統計プロファイラ
SLaTeX ラッパ
テストサポート
Version: Racket バージョンチェッキング
XREPL: 拡張REPL

低レベルAPI
Inside: Racket C API

相互運用性
MzCOM: Windows COMオブジェクトとしてのRacket

その他のライブラリ
SRFI: SRFIライブラリ

Data: データ構造
DB: データベース接続
".DS_Store" ファイルをリード・ライトする(Mac OS X)
ヘルプ・ドキュメンテーションユーティリティ
バグレポート
HtDPティーチパック・ライブラリ、またはカスタムティーチパックを実装する
数学ライブラリ
Scriblib: 拡張Scribbleライブラリ
GUI ".plt" インストーラ
The Stepper
Swindle
Syntax: メタプログラミングヘルパー
DrRacket バージョンツール

実験的言語とライブラリ
FrTime: 反応プログラミングのための言語
Lazy Racket

Algol 60

Unstable Find: 予告なしに変更される内容
Unstable: 予告なしに変更される内容
Unstable GUI: 予告なしに変更される内容
Unstable Flonums: 予告なしに変更される内容
Unstable Redex: 予告なしに変更される内容

レガシー言語とライブラリ
R5RS: レガシーScheme
Scheme: 互換ライブラリと実行ファイル

Compatibility: Racketに近い言語からの移植のため
MysterX: Windows COMのためのレガシーサポート
MzScheme: レガシー言語
mzpp/mztext: プリプロセッサ
Graphics: レガシーライブラリ
MzLib: レガシーライブラリ


[PR]
by tempurature | 2015-07-05 00:17 | scheme
Cygwinを10倍使いやすくするたった1つのコマンド
このコマンドを知るまではCygwinを使う気がしなかったので、VirtualBox上にUbuntuをインストールして作業していました。

Cygwinを10倍使いやすくするコマンドはこれです。

explorer .

これで、Cygwinのホームディレクトリ(フォルダ)のエクスプローラが開きます。
これを知らないと自分でホームをたどらないといけないので面倒です。

Cygwinは日本語対応がきちんとしているし、bashコマンドも一通り揃っているし、WindowsユーザーはCygwinを使うべきでしょう。


[PR]
by tempurature | 2015-07-04 19:33
Exciteブログでマイスキンを追加する方法(CSS等を書き換える方法)
exciteブログでマイスキンを追加する際に、はまったので書いておきます。

①自分のブログから「設定」を選択

c0364169_18513258.png












②「デザインスキン」を選択

c0364169_18531531.png















③「PCデザインスキン」で適当なスキンの画像を保存する

c0364169_18565527.png











④「PCデザインスキン」で「マイスキンを作成」を選択する

c0364169_18590020.png












⑤「PCデザインスキン編集」で「スキン名」「スキンイメージ」を入力する
(「スキンイメージ」の画像は③で保存したものを使用します)

c0364169_19033998.png














⑥「作成する」を選択します

c0364169_19053201.png















⑦スキンが追加されました。あとはこのスキンを好みに合わせて編集すれば完了です。

c0364169_19070638.png















[PR]
by tempurature | 2015-07-04 19:09
ソースコード装飾スクリプト
Exciteブログにソースコードを貼り付けるには、文字列置換が必要だということで、スクリプトを作ってみました。
本当はracketで作りたかったのですが、勉強中の言語なので、sedを使って作りました。

#!/bin/sh

echo '<div class="code" style="font-family:monospace;">'

sed -e 's/\&/\&amp;/g' $1 \
| sed -e 's/ /\&nbsp;/g' \
| sed -e 's/</\&lt;/g' \
| sed -e 's/>/\&gt;/g' \
| sed -e 's/\(.*\)/\1<br\/>/g'

echo '</div>'


[PR]
by tempurature | 2015-07-04 18:27
grepのナイスな使い方
Cygwinでviewコマンドを使ってみようと思ったら、viewコマンドが使えなかったので、.bashrcにエイリアスを追加することに。

vi --helpと入力すると何画面分か簡易ヘルプがでてきたけど、リードオンリーモードにするやり方がすぐ見つからなかった。
なので、次のように入力。
$ vi --help | grep only
-s Silent (batch) mode (only for "ex")
-R Readonly mode (like "view")
-n No swap file, use memory only

UNIXは5年以上使っていますけど、シェルスクリプトの奥深さには驚かされます。


[PR]
by tempurature | 2015-07-04 17:05
lispは速いのか?
※以下は浅学な私なりの回答です。間違ってましたらご指摘頂けるとうれしいです。

Q. lispって速いんですか?

A. 遅いです。lispでbashを作ったらpowershellくらいの速さだと思います。lispはJava, D, Adaと同様ガーベジコレクションを実装している言語ですが、ガーベジコレクションはプログラムの起動時にかなりのオーバーヘッドになります。また、共有DLLなどを利用しなければプログラムサイズも増大します。

ただ、Lispには様々な種類があるので、即応性に優れた実装も探せばあると思います。そのような裾野の広さはJava, C#, Pythonにはないでしょう。

<追記>
lispについての面白いトピックです。


[PR]
by tempurature | 2015-07-04 15:00 | プログラミング
ソースコードの貼り付けについて
Jehoshaphatさんとsp_techさんの記事を参考に、exciteブログのスキンを変えてみました。

package jp.co.excite.test; 

いいですね~emoticon-0159-music.gif

[PR]
by tempurature | 2015-07-03 23:10 | プログラミング
【racket】星型を描く
c0364169_00445226.png
#lang racket/gui

(define x-size 300)
(define y-size 300)
(define (intersection-point line1 line2)
  (define d1 (map - (second line1) (first line1)))
  (define d2 (map - (second line2) (first line2)))
  (define norm-d2 (sqrt (foldr + 0 (map * d2 d2))))
  (define n2 (map (lambda (x) (/ x norm-d2)) (list (second d2) (- (first d2)))))
  (define (inner-* p1 p2) (foldr + 0 (map * p1 p2)))
  (define param1 (/ (inner-* (map - (first line2) (first line1)) n2) (inner-* d1 n2)))
  (map + (first line1) (map (lambda (x) (* param1 x)) d1)))
(define (regular-polygon n)
  (define angles (map (lambda (m) (* 2.0 pi (/ m n))) (range 0 n)))
  (map (lambda (phi) (list (sin (- phi)) (cos (- phi)))) angles))
(define (shift x y) (lambda (p) (map + p (list x y))))
(define (magnify x y) (lambda (p) (map * p (list x y))))
(define pentagon (map (shift (/ x-size 2) (/ y-size 2))
                      (map (magnify (/ x-size 2) (/ (- y-size) 2)) (regular-polygon 5))))
(define intersection-index-pairs
  (map (lambda (n) (map (lambda (m) (remainder (+ n m) 5)) '(0 2 1 4))) (range 0 5)))
(define intersections
  (map (lambda (pair) (intersection-point (list (list-ref pentagon (first pair))
                                                (list-ref pentagon (second pair)))
                                          (list (list-ref pentagon (third pair))
                                                (list-ref pentagon (fourth pair)))))
       intersection-index-pairs))
(define lines
  (append (map (lambda (n) (append (list-ref pentagon n) (list-ref intersections n))) (range 0 5))
          (map (lambda (n) (append (list-ref intersections n)
                                   (list-ref pentagon (remainder (+ n 1) 5)))) (range 0 5))))

(define target (make-bitmap x-size y-size))
(define dc (new bitmap-dc% [bitmap target]))
(send dc set-pen "blue" 1 'solid)
(for-each (lambda (line) (send dc draw-line (first line) (second line) (third line) (fourth line)))
     lines)
(send target save-file "star.png" 'png)

[PR]
by tempurature | 2015-07-01 00:45 | scheme