とりとめのないことを書いております。
by tempurature
カテゴリ
全体
プログラミング
scheme
verilog
未分類
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
お気に入りブログ
PHPで競技プログラミング
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
情報処理技術者試験 お疲れ様..
at 2016-04-17 18:55
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-14 04:48
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-13 23:03
苦い薬(ハーブ、サプリメント..
at 2016-04-09 14:03
「おバカ度チェックリスト」を..
at 2016-03-24 09:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:プログラミング( 65 )
情報処理技術者試験 お疲れ様でした
長時間の格闘 お疲れ様でした。
皆様の合格をお祈りいたします。

九州の皆様におかれましては大変難儀されていると思います。
1日も早く元の生活に戻れるよう願っております。


[PR]
by tempurature | 2016-04-17 18:55 | プログラミング
基本情報技術者試験 平成27年度春期 午後 問9 プログラムのリファクタリング (2)
先ほどのプログラムを少し短くしてみました。とはいえオリジナルより17行長いです。Cプログラマはオリジナルのほうを好むと思います。

/*
 *   enc_str_2.c
 *     KIHON JYOUHOU GIJYUTUSYA SIKEN (IPA)
 *     heisei 27 nendo syunki, gogo, toi 9
 *     arranged by tempurature, 2016. 4.14
 */

#define RSIZ  5  /* 換字表の行数 */
#define CSIZ 13  /* 換字表の列数 */

extern void enc_str(char[], char[RSIZ][CSIZ]);

struct POSITION { int row; int col; };
#define SET_POS(pos, row1, col1) (pos).row = row1; (pos).col = col1;

static int
search_row_and_col(char c, struct POSITION *pos, char xchg_t[RSIZ][CSIZ]) {
    int i, j;
    for (i = 0; i < RSIZ; i++) {
        for (j = 0; j < CSIZ; j++) {
            if (c == xchg_t[i][j]) {
                pos->row = i;
                pos->col = j;
                return 1; /* success */
            }
        }
    }
    return 0; /* failed */
}


static void
exchange_pair(struct POSITION *p0, struct POSITION *p1) {
    struct POSITION prev0 = {p0->row, p0->col};
    struct POSITION prev1 = {p1->row, p1->col};
    if (prev0.row == prev1.row) {
        if (prev0.col == prev1.col) {   /* same character */
            SET_POS(*p0 ,(prev0.row + 1) % RSIZ, (prev0.col + 1) % CSIZ)
            SET_POS(*p1, p0->row, p0->col)
        } else {   /* same row */
            SET_POS(*p0, prev1.row, prev1.col)
            SET_POS(*p1, prev0.row, prev0.col)
        }
    } else {
        if (prev0.col == prev1.col) {   /* same column */
            SET_POS(*p0, prev0.row, (prev0.col + 1) % CSIZ)
            SET_POS(*p1, prev1.row, (prev1.col + 1) % CSIZ)
        } else {   /* else case */
            SET_POS(*p0, prev1.row, prev0.col)
            SET_POS(*p1, prev0.row, prev1.col)
        }
    }
}


extern void
enc_str(char str[], char xchg_t[RSIZ][CSIZ]) {
    int state = 0;
    int idx = 0;
    int idx0, idx1;
    struct POSITION pos, pos0, pos1;

    while (str[idx] != '\0') {
        if (search_row_and_col(str[idx], &pos, xchg_t)) {
            switch (state) {
                case 0:
                    idx0 = idx;
                    SET_POS(pos0, pos.row, pos.col)
                    state = 1;
                    break;
                case 1:
                    idx1 = idx;
                    SET_POS(pos1, pos.row, pos.col)
                    exchange_pair(&pos0, &pos1);
                    str[idx0] = xchg_t[pos0.row][pos0.col];
                    str[idx1] = xchg_t[pos1.row][pos1.col];
                    state = 0;
                    break;
            }
        }
        idx++;
    }

    if (state == 1)
        str[idx0] = xchg_t[RSIZ - 1 - pos0.row][CSIZ - 1 - pos0.col];

}


[PR]
by tempurature | 2016-04-14 04:48 | プログラミング
基本情報技術者試験 平成27年度春期 午後 問9 プログラムのリファクタリング
基本情報技術者試験 平成27年度春期 午後 問9 プログラムのリファクタリングをしようと思いましたが、元のプログラムの1.5倍のボリュームになってしまいました。

この問題を作った人はUNIX系プログラミングに習熟しているのでしょう。パズルのように行数を稼いでいるみたいでした。勉強になりました。

/*
 *   enc_str_1.c
 *     KIHON JYOUHOU GIJYUTUSYA SIKEN (IPA)
 *     heisei 27 nendo syunki, gogo, toi 9
 *     arranged by tempurature, 2016. 4.13
 */

#define RSIZ  5  /* 換字表の行数 */
#define CSIZ 13  /* 換字表の列数 */

extern void enc_str(char[], char[RSIZ][CSIZ]);


static int
search_row_and_col(char c, int *row, int *col, char xchg_t[RSIZ][CSIZ]) {
    int i, j;
    for (i = 0; i < RSIZ; i++) {
        for (j = 0; j < CSIZ; j++) {
            if (c == xchg_t[i][j]) {
                *row = i;
                *col = j;
                return 1; /* success */
            }
        }
    }
    return 0; /* failed */
}


static void
exchange_pair(int *row0, int *row1, int *col0, int *col1) {
    int prev_row0 = *row0;
    int prev_row1 = *row1;
    int prev_col0 = *col0;
    int prev_col1 = *col1;
    if (prev_row0 == prev_row1) {
        if (prev_col0 == prev_col1) {   /* same character */
            *row0 = (prev_row0 + 1) % RSIZ;
            *col0 = (prev_col0 + 1) % CSIZ;
            *row1 = *row0;
            *col1 = *col1;
        } else {   /* same row */
            *row0 = prev_row1;
            *col0 = prev_col1;
            *row1 = prev_row0;
            *col1 = prev_col0;
        }
    } else {
        if (prev_col0 == prev_col1) {   /* same column */
            *row0 = prev_row0;
            *col0 = (prev_col0 + 1) % CSIZ;
            *row1 = prev_row1;
            *col1 = (prev_col1 + 1) % CSIZ;
        } else {   /* else case */
            *row0 = prev_row1;
            *col0 = prev_col0;
            *row1 = prev_row0;
            *col1 = prev_col1;
        }
    }
}


extern void
enc_str(char str[], char xchg_t[RSIZ][CSIZ]) {
    int state = 0;
    int pos = 0;
    int pos0, row0, col0;
    int pos1, row1, col1;
    int row, col;

    while (str[pos] != '\0') {
        if (search_row_and_col(str[pos], &row, &col, xchg_t)) {
            switch (state) {
                case 0:
                    pos0 = pos; row0 = row; col0 = col;
                    state = 1;
                    break;
                case 1:
                    pos1 = pos; row1 = row; col1 = col;
                    exchange_pair(&row0, &row1, &col0, &col1);
                    str[pos0] = xchg_t[row0][col0];
                    str[pos1] = xchg_t[row1][col1];
                    state = 0;
                    break;
            }
        }
        pos++;
    }

    if (state == 1)
        str[pos0] = xchg_t[RSIZ - 1 - row0][CSIZ - 1 - col0];

}


[PR]
by tempurature | 2016-04-13 23:03 | プログラミング
「おバカ度チェックリスト」を作ってみた
おバカ度チェックリスト
TBSC (Tempurature's Baka Self-Diagnostic Checklist)

地頭(コミュニケーションスキル・問題解決力・自活する能力・健全な精神性)がどれだけあるかを測定します。項目は20あり、それぞれあてはまる場合に1点を加算します。

プログラミング未経験者がプログラミングの適性を自己判定することを目的に作成したものですが、一般の場合にも広く適用できるのではないかと思います。

感想等コメントいただけるとうれしいです。ちなみに私は14点でした。


1メモは書かない。またはメモを見返すことがない
2電子メールや資料を作成するときに不安のある言い回しを調べたりしない
3つい相手を言い負かしてしまうことがある
4一日の計画をたてない
5何かする前に段取りを頭のなかで整理しない
6話す前にこれから話す話の内容を考えない
7話している途中に相手を怒らせてしまうことがある
8何も考えず、何も調べずに出費することが多い
9素早くメールに返答することができない
10人の顔と名前を覚えるのが苦手だ
11掃除をするのが苦手だ
12料理を作るのが苦手だ
13冠婚葬祭の時に特に調べ物をしたりしない。または他人に相談しない
14つい他人の口車や流行に乗ってしまって後悔する方だ
15ニュースはチェックしない
16困難なことに取り組むことは、手段として正しいと思う
17正しいことをいうことを相手の心情に配慮することより優先するべきだ
18自分ができることは相手もできると思う
19お世辞や社交辞令を言ったり、思ったことを言わないのは相手に失礼なことだ
20バカは死ねばいいと思うし、そのことを堂々と主張してもいい

〜結果〜

0-5点:秀才

学業やビジネス、家庭生活などを何不自由なくこなすことができるエリートです。
プログラミングに関しては独学でC++を勉強しても問題ないレベルです。

6-10点:ふつうの人

ストレスを抱えることもあるかと思いますが、普通に就職して結婚することができます。
プログラミングに関しては、ハッカーなどのプログラミングに詳しい人に教えを乞うのがいいでしょう。

11-15点:おバカ

いわゆる下流の人間になる可能性が高いです。
プログラミングに関しては、他人には相手にされませんので独学で学ぶ必要があります。
まずはC#やphpなどのごくやさしい言語からはじめましょう。とはいえ思っているほど簡単ではないので真面目に取り組んでください。

16-20点:とんでもないバカ

あなたは能力がないだけではなく、ごく最低限の常識も持ち合わせていない可能性が高いです。とりあえず、それぞれの設問が、なぜYesだとダメなのか周りの人に確認してみましょう。


[PR]
by tempurature | 2016-03-24 09:54 | プログラミング
paizaのphpコードをデバッグする方法
paizaはプログラマのための求人サイトです。
paizaではプログラミング問題が多数用意されており、それらを解くことによって求人先の企業にアピールすることができます。

そのプログラミング問題をphpで解く場合、デバッグ環境を構築するのに苦労しましたので、以下でやり方を説明させていただきます(Windowsの場合)。

1. Cygwinにphpをインストール
2. phpのソースコードを作成する(ここではa.phpとします)。
3. テスト用入力ファイルを作成する(ここではtest1とします)。
4. 2のソースコードの先頭にphpのshebangを追加する。
 (which phpが/usr/bin/phpの場合は#!/usr/bin/phpと入力します)
5. Cygwinのターミナルでphp a.php < test1と入力する。

4が重要です。man phpの中に”You can use a shebang line to automatically invoke php from scripts."と書いてあるためです。


[PR]
by tempurature | 2016-02-22 00:21 | プログラミング
「PHP+MySQLマスターブック」5章の練習問題の概念がねじれていると思ったので
最近phpの勉強をしています。

「PHP+MySQLマスターブック」という評判の高い本を写経しています。けれどもphpの本ってソースコードに愛がない。インデントがガタガタ。そんでもってこの本の冒頭では「 ごめんなさい、もうやめます。

PHPはPerl以上にC/C++ぽいので、ある意味美しいし、イモ臭くもあります。

さて、この本の5章は、phpのクラスについてとりあげていますが、その練習問題のBoardクラスが概念的にねじれているように見えたので私なりに書きなおしてみました。

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>クラスのテスト</TITLE>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; char-set=utf-8">
</HEAD>
<BODY bgcolor="#FFFFFF" text="#000000">
<FONT size="4">クラスのテスト</FONT>
<BR><BR>
<?php
class Article {
  public $subject;
  public $name;
  public $body;
  public function display() {
    print "| 件名:" . $this->subject . "<BR>";
    print "| 投稿者:" . $this->name . "<BR>";
    print "| 本文:" . $this->body . "<BR>";
  }
}

class Board {
  public $subject = "";
  public $name = "";
  public $articles = array();
  
  public function dispArticles() {
    print "題名:" . $this->subject . "<BR>";
    print "管理人:" . $this->name . "<BR>";
    print "記事一覧:<BR><BR>";
    foreach ($this->articles as $article) {
      $article->display();
      print "<BR>";
    }
  }
  
  public function submitArticle($subject, $name, $body) {
    $article = new Article();
    $article->subject = $subject;
    $article->name = $name;
    $article->body = $body;
    $this->articles[] = $article;
  }
  
  public function editArticle($subject, $name, $body) {
    foreach ($this->articles as $article) {
      if (    $article->subject == $subject
           && $article->name == $name ) {
        $article->body = $body;
      }
    }
  }
  
  public function deleteArticle($subject, $name) {
    foreach ($this->articles as $i => $x) {
      if (    $x->subject == $subject
           && $x->name == $name ) {
        unset($this->articles[$i]);
      }
    }
  }
}

class NewBoard extends Board {
  public $subject = "新しい掲示板です。";
}

$board = new NewBoard;
$board->name = "立川";

$board->submitArticle("こんにちは", "神田",
                      "とはいっても夜なんですけどね(笑)");

$board->submitArticle("ぼんそわー", "上野",
                      "それやったら、こんばやろー");

$board->editArticle("ぼんそわー", "上野",
                    "それやったら、こんばんわやろー");

$board->submitArticle("Get New Porns!!", "Andres",
                      "Access our website: www.andres-porn.com");

$board->deleteArticle("Get New Porns!!", "Andres");

$board->dispArticles();

?>
</BODY>
</HTML>


[PR]
by tempurature | 2016-02-12 23:09 | プログラミング
Haskellで役立つページ
Haskellで役立つ日本語のページを紹介します。


山下伸夫さんのHP



分かりづらいのですが、「Haskell Report 2010」「Haskell Report 98」の翻訳とか、「やさしいHaskell入門」という海外のサイトの翻訳なんかがおいてあります。


[PR]
by tempurature | 2016-01-31 16:21 | プログラミング
Haskellで挫折したので、とりあえず紫藤さんのtutorialをやっています
プログラミングHaskellを読んでいましたが、第8章以降で実行できないコードが多くなり、断念しました。

とはいえHaskellはぜひ習得したいと考えているので、やる気のあるときは「すごいHaskell」を一通り、やる気のないときはもっとライトなやつをやってみようと思っています。

Haskellでライトな解説ページを探していて、紫藤さんのHPがちょうどいいと感じたので、これをとりあえず。


TVを見ながらでもできるのがすばらしいですね。


今日は「2. プログラムを動かす」をやってみました。

HaskellでREPLする方法は知っていましたが、Haskellでコンパイルする方法は知らなかったので、ためになりました。GHCにはstripコマンドという実行ファイルを小さくするコマンドがあるのですね。3MBのexeが1MBになったので少し感動しました。

初心者のためにメモを残しておきます。

hi.hs〜hi2.lhsをGHCで動作させるには「import System」のところを「import System.Environment」に変更する必要があります。一般的に、ライブラリの関数がどのモジュールに入っているかを調べるにはHoogleかHayooで検索します。


また、hi.hs〜hs2.lhsをGHCIで実行する方法はすぐに見つけられなくて、GHCでコンパイルして実行しました。


[PR]
by tempurature | 2016-01-17 15:00 | プログラミング
Learn You a Haskell for Great Good! の日本語訳
Learn You a Haskell for Great Good! の日本語訳をWeb上に公開されているので紹介します。


プログラミングHaskell が8章で詰まり気味なので、こっちをやってみようかと。


[PR]
by tempurature | 2016-01-14 00:50 | プログラミング
B.メイヤー「オブジェクト指向入門」7.13 演習問題を解く(3)
この問題もビルドチェックしかしてません。しかも8章の生成プロシージャも使っています。

E7.4

note
    description: "2-dimentional polar coordinate system"
class
    POINT2
create
    make_cartesian,
    make_polar
feature
    make_cartesian(x1, y1: REAL)
        local
            m: SINGLE_MATH
        do
            create m
            rho := m.sqrt(sqr(x1)+sqr(y1))
            if y1 = 0.0 then
                if x1 >= 0.0 then
                    theta := 0.0
                else
                    theta := pi
                end
            elseif (y1/x1).is_nan then
                if (y1 < 1.0 and x1 < 1.0) then
                    theta := 0.0
                else
                    theta := y1.nan
                end
            elseif y1.is_positive_infinity then
                theta := 0.0
            elseif y1.is_negative_infinity then
                theta := pi
            else
                theta := m.arc_tangent (y1/x1)
            end
        end
    make_polar(r, th: REAL)
        do
            rho := r
            theta := th
        end
feature
    rho, theta: REAL
    x: REAL
            -- x-coordinate
        local
            m: SINGLE_MATH
        do
            create m
            Result := rho * m.cosine (theta)
        end
    y: REAL
            -- y-coordinate
        local
            m: SINGLE_MATH
        do
            create m
            Result := rho * m.sine (theta)
        end
    distance(p: POINT): REAL
            -- distance to p
        local
            m: SINGLE_MATH
        do
            create m
            Result := m.sqrt(sqr(x-p.x)+sqr(y-p.y))
        end
    translate(a, b: REAL)
            -- move a horizontally, b virtically
        local
            x1, y1: REAL
        do
            x1 := x
            y1 := y
            make_cartesian(x1+a, y1+b)
        end
    rotate(p:POINT; angle: REAL)
            -- rotate around p
        do
            translate(-p.x, -p.y)
            theta := theta + angle
            translate(p.x, p.y)
        end
    scale(factor: REAL)
            -- magnify by factor
        do
            rho := rho * factor
        end
feature{NONE}
    sqr(r: REAL): REAL
            -- square of a number
        do
            Result := r * r
        end
    pi: REAL
        local
            m: SINGLE_MATH
        do
            create m
            Result := m.pi.truncated_to_real
        end
end


[PR]
by tempurature | 2016-01-13 23:42 | プログラミング