「ほっ」と。キャンペーン

とりとめのないことを書いております。
by tempurature
カテゴリ
全体
プログラミング
scheme
verilog
未分類
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
お気に入りブログ
PHPで競技プログラミング
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
情報処理技術者試験 お疲れ様..
at 2016-04-17 18:55
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-14 04:48
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-13 23:03
苦い薬(ハーブ、サプリメント..
at 2016-04-09 14:03
「おバカ度チェックリスト」を..
at 2016-03-24 09:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Eiffelの関数型プログラミング(FP)サンプル
Eiffelで関数型プログラミングができるみたいです。いまどきC++でもFPできるみたいなので当たり前といえば当たり前ですけど。で、Eiffel+FP=Satherという立ち位置だったみたいですがSatherは2000年を過ぎたあたりで開発中止になっているようです。

LispからみてHaskellはもっさりしていますが、Eiffelはさらにもっさりしています。Eiffelで関数型を定義するときは当然型宣言が必要ですし、呼び出すときにagentと記述しないといけないようです。

note
    description: "Root for trivial system printing a message."
    author: "tempurature"
class
    HELLO
create
    make
feature
    make
            -- Print a simple message.
        do
            io.put_string ("Hello World")
            io.put_new_line
            io.putreal (integral(agent sqr, 0, 1))
        end
    step : REAL = 0.05
    sqr(r:REAL) : REAL
            -- square function
        do
            Result := r * r
        end
    integral(f:FUNCTION[ANY, TUPLE[REAL], REAL]; a, b: REAL) : REAL
            -- calculate the integral of [a,b].
        local x: REAL; i: INTEGER
        do
            from x := a until x > b loop
                Result := Result + f.item ([x]) * step
                i := i + 1
                x := a + i * step
            end
        end

end -- class HELLO


[PR]
by tempurature | 2016-01-10 23:58 | プログラミング
<< B.メイヤー「オブジェクト指向... B.メイヤー「オブジェクト指向... >>