「ほっ」と。キャンペーン

とりとめのないことを書いております。
by tempurature
カテゴリ
全体
プログラミング
scheme
verilog
未分類
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
お気に入りブログ
PHPで競技プログラミング
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
情報処理技術者試験 お疲れ様..
at 2016-04-17 18:55
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-14 04:48
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-13 23:03
苦い薬(ハーブ、サプリメント..
at 2016-04-09 14:03
「おバカ度チェックリスト」を..
at 2016-03-24 09:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
プログラミングHaskellの第8章「関数型パーサー」を読解中(1)
hugsで、プログラミングHaskellのp.92、連結演算子(>>=)のところまでコンパイルを通しました。だがしかし、この先のコンパイルが通らない!!

{- p.93の下のほうにある式。コンパイルが通らない。
p' :: Parser (Char, Char)
p' = do x <- item
        item
        y <- item
        return' (x, y)

{- これも通らない。
p'' :: Parser [(Char, [Char])]
p'' = do x <- item
         return' x
-}

-- そこで、上記の意味をdo, >>=を使わずに読み解いてみました。
-- パーサーpの構造がこのようになっていることはわかったのですが…
p'' :: Parser (Char, Char)
p'' init = [((v1, v3), snd (head p3))]
           where
            p1 = item init
            v1 = fst (head p1)
            p2 = item (snd (head p1))
            v2 = fst (head p2)
            p3 = item (snd (head p2))
            v3 = fst (head p3)

-- とにかく第8章は一筋縄ではいかなそうです。もう少し頑張って見ます


[PR]
by tempurature | 2016-01-06 00:25 | プログラミング
<< オブジェクト指向入門の第35章... プログラミングHaskellの... >>