とりとめのないことを書いております。
by tempurature
カテゴリ
全体
プログラミング
scheme
verilog
未分類
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
お気に入りブログ
PHPで競技プログラミング
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
情報処理技術者試験 お疲れ様..
at 2016-04-17 18:55
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-14 04:48
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-13 23:03
苦い薬(ハーブ、サプリメント..
at 2016-04-09 14:03
「おバカ度チェックリスト」を..
at 2016-03-24 09:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
【racket】パイプ/メソッドチェーンを作る
シェルプログラミングにおいては、しばしばパイプ( | )を使用して、複数のコマンドを連結して使います。

[パイプの例]

・ディレクトリのファイルの個数を数える
ls | wc

・カレントディレクトリと下位階層のファイルのうち、ファイル内に特定の文字列が含まれているものを探す
find . | xargs grep ABC

・sedをデバッグする
echo "Good Morning!!" | sed -r 's/Morn/Even/g'


javascriptやrubyでは、これと同様に関数を直列に連結して「メソッドチェーン」を作成することがままあります。

また、F#やElixirにはパイプライン演算子( |> )が用意されており、まさに処理を多段にすることができます。

Clojureにおいては、スレッドマクロ( -> )が用意されており、これもパイプライン演算子と同様の動作をするようです。


さて、racketにおいては、追加モジュールでパイプのようなものが用意されています。rackjureモジュールとpoint-freeモジュールそれぞれで用意されており、少し動作が異なります。

[導入方法]
コマンドラインで以下のコマンドを入力します。
raco pkg install rackjure
raco pkg install point-free

[パイプラインを使用しないソースコード]
racketドキュメントのコードを引用しています。

#lang racket
(require 2htdp/image)

(place-image
   (circle 4 "solid" "white")
   18 20
   (place-image
    (circle 4 "solid" "white")
    0 6
    (place-image
     (circle 4 "solid" "white")
     14 2
     (place-image
      (circle 4 "solid" "white")
      8 14
      (rectangle 24 24 "solid" "goldenrod")))))

このコードでは、処理は後ろの行から前に流れていきます。

[パイプラインを使用したソースコード]

#lang racket
(require 2htdp/image point-free srfi/26)

(~> (rectangle 24 24 "solid" "goldenrod")
    (cut place-image (circle 4 "solid" "white") 8 14 <>)
    (cut place-image (circle 4 "solid" "white") 14 2 <>)
    (cut place-image (circle 4 "solid" "white") 0 6 <>)
    (cut place-image (circle 4 "solid" "white") 18 20 <>))

このコードでは、処理は前から後ろに流れていきます。こちらのほうが分かりやすいと感じられますし、括弧(入れ子)の数が減るので、修正したりするのも楽です。


[PR]
by tempurature | 2015-12-13 04:05 | scheme
<< 【racket】3つの円がぐる... 【scheme/racket】... >>