とりとめのないことを書いております。
by tempurature
カテゴリ
全体
プログラミング
scheme
verilog
未分類
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
お気に入りブログ
PHPで競技プログラミング
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
情報処理技術者試験 お疲れ様..
at 2016-04-17 18:55
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-14 04:48
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-13 23:03
苦い薬(ハーブ、サプリメント..
at 2016-04-09 14:03
「おバカ度チェックリスト」を..
at 2016-03-24 09:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
【scheme/racket】rangeのかわりにiotaを使う
pythonでは、range関数が用意されており、等差数列のシーケンス(リストではない!)を素早く作ることができます。

>>> range
<class 'range'>
>>> range(5)
range(0, 5)

racketでは、pythonのrangeと似たrange関数が用意されています。

> (range 5)
'(0 1 2 3 4)
> (list? (range 5))
#t

schemeでは、SRFI 1のiota関数がそれに該当します。ただし、仕様は異なります。
iota関数はracketでもモジュールをロードすることで使用することができます。


※0から(n-1)の数を並べる

#lang racket
(require srfi/1)

> (range 5)
'(0 1 2 3 4)
> (iota 5)
'(0 1 2 3 4)


※mから(n-1)の数を並べる

> (range 1 11) ; 1から(11-1)までの整数を列挙
'(1 2 3 4 5 6 7 8 9 10)
> (iota 10 1) ; 1から10個の整数を列挙
'(1 2 3 4 5 6 7 8 9 10)


※mからstep刻みに等差数列を並べる

> (range 3 12 4) ; 初項3、公差4での等差数列で、12よりも小さいもの
'(3 7 11)
> (iota 3 3 4) ; 初項3、公差4、項数3の等差数列
'(3 7 11)
> (range 3 -12 -4) ; 初項3、公差-4の等差数列で、-12よりも大きいもの
'(3 -1 -5 -9)
> (iota 4 3 -4) ; 初項3、公差-4、項数4の等差数列
'(3 -1 -5 -9)

> (range 1 5 0.5)
'(1 1.5 2.0 2.5 3.0 3.5 4.0 4.5)
> (iota 8 1 0.5)
'(1 1.5 2.0 2.5 3.0 3.5 4.0 4.5)

!!注意!! pythonのrange関数は整数のみを受け付けます。

> (range 0+i 3+i 0+i)
[Error]
> (iota 3 0+i 1+i)
'(0+1i 1+2i 2+3i)

range関数では複素数の等差数列を作ることができませんでしたが、iota関数ではできました。


[PR]
by tempurature | 2015-12-13 02:32 | scheme
<< 【racket】パイプ/メソッ... 【racket】cutを使うには? >>