「ほっ」と。キャンペーン

とりとめのないことを書いております。
by tempurature
カテゴリ
全体
プログラミング
scheme
verilog
未分類
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
お気に入りブログ
PHPで競技プログラミング
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
情報処理技術者試験 お疲れ様..
at 2016-04-17 18:55
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-14 04:48
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-13 23:03
苦い薬(ハーブ、サプリメント..
at 2016-04-09 14:03
「おバカ度チェックリスト」を..
at 2016-03-24 09:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
プログラマの三大美徳は「飯・風呂・寝る」!
プログラマの三大美徳といえば、「怠惰・短気・傲慢」ですが、日本にはこれらの言葉を表現するためのもっとよい表現があります。

それは、「飯・風呂・寝る」です。

これらの言葉は往年の中年男性が、よく使っていた言葉ですが、これは熟年離婚の理由になっているようにも思えます。森元首相が女性は生む機械と言っていましたが、「飯・風呂・寝る」の3語にはこの精神が多分に含まれているように思います。要は女性が顔をしかめるような言葉であるのかもしれません。

では、若者版の三大美徳は何になるでしょうか?「スゴイ・うざい・キモい」でしょうか?ですがこれらは命令でなく感想なのでちょっと使いづらいでしょう。でも、「怠惰・短気・傲慢」というのは精神なので、感想=感情のほうが命令よりも近いかもしれません。


すごいコード

うざいコード

キモいコード


LISPというのはMIT風の省略しない命名法と括弧の多さで、この美徳から多少遠いように思います。procedureの記述順番に気を配らないといけないのもCやVerilogのようなウザさがありますし、思考を妨げているように思います。

Perlはこれらの美徳をもっとも体現しているように見えますが、やり過ぎてる感もあります。可読性の悪いコードというのは色々問題があるように思います。そういうことをいうと、LISPのコードも、単に読むのでなくPEPLしながら読むところがあるので、そういう習慣のない人にコードを読んでもらおうとするのには、苦しいところがあります。

シェルスクリプトはPerlよりは可読性がよいです。ただ、できることは少ないです。また、「飯・風呂・寝る」の精神を最も体現している言語であると思います。シェルスクリプトを使うとタブ補完機能がないインタプリタがとんでもなく使いづらく感じます。

Haskellは、まだ触ったばかりなのですが、インタプリタにタブ補完機能があり、文法もシェルスクリプトに似ていて、「飯・風呂・寝る」ができるんじゃないかと結構期待しています。


[PR]
by tempurature | 2015-12-12 21:02 | プログラミング
<< 今日の掟上今日子が「飯・風呂・... 【racket】REALM O... >>