とりとめのないことを書いております。
by tempurature
カテゴリ
全体
プログラミング
scheme
verilog
未分類
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
お気に入りブログ
PHPで競技プログラミング
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
情報処理技術者試験 お疲れ様..
at 2016-04-17 18:55
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-14 04:48
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-13 23:03
苦い薬(ハーブ、サプリメント..
at 2016-04-09 14:03
「おバカ度チェックリスト」を..
at 2016-03-24 09:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Chromeリモートデスクトップ導入時にやっておきたいこと
リモートデスクトップは便利だけど、セキュリティが心配と考えている人は多いと思います。

Windowsのデフォルト状態では、ログインユーザーが管理者になっていますが、これを標準ユーザーにすることで、攻撃者が接続先PCに侵入してもシステムへのダメージを低く抑えることができます。

管理者がインストールなどの権限を必要とする操作を行う場合には、ユーザーアカウント制御(UAC)の画面が表示されます。

c0364169_16310114.png
標準ユーザーが操作を行う場合、ユーザーアカウント制御の画面で管理者のパスワードが要求されます。
c0364169_16511701.png

Chromeリモートデスクトップでは、接続先PCの画面とキーボード・マウス(KVM)をリモート操作するので、攻撃者がリモート接続に成功した場合も同じ画面が表示されることになります。

従って、普段から管理者ユーザーでログインするのではなく、標準ユーザーでログインして、必要に応じてパスワードを入力すれば、悪意のあるソフトウェアをインストールされるなどのリスクが軽減することになるのです。


[PR]
by tempurature | 2015-10-04 17:13
<< 【happy-saiban.s... Microsoftのサインイン... >>