とりとめのないことを書いております。
by tempurature
カテゴリ
全体
プログラミング
scheme
verilog
未分類
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
お気に入りブログ
PHPで競技プログラミング
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
情報処理技術者試験 お疲れ様..
at 2016-04-17 18:55
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-14 04:48
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-13 23:03
苦い薬(ハーブ、サプリメント..
at 2016-04-09 14:03
「おバカ度チェックリスト」を..
at 2016-03-24 09:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
800x600の画面でDr. Racketの言語を切り替える方法
chromebookでChromeリモートデスクトップなどを使用する際、chromebookの画面解像度の都合上、リモートPCの解像度は800x600に設定しています。

そうするとVS, Eclipseなどを使う場合には多分に使い勝手が悪いのですが、Dr. Racketを使う分にはこれで間に合っています。

ただ、Dr. Racketでracketのコードを書きたくて、SICPも勉強したい人は次のウィンドウに悩まされるはずです。

c0364169_15524334.png
Dr. Racketのメニューバーから[Language] - [Choose Language]を選択して
表示されるウィンドウ

なんとこのウィンドウはOther Languagesを選択すると下に伸びます。

c0364169_15561202.png
ここで私なんかはまごついてしまうのですが、次のようにすればうまくいきます。

  • racket選択時:[The Racket Language]を選択して、Enterキーを押す。
  • R5RS選択時:[Other Languages]を選択して、[R5RS]をダブルクリックする。


[PR]
by tempurature | 2015-08-17 16:00 | プログラミング
<< とあるSICP 3章の環境の説... SICP ex.3.9の代わり... >>