とりとめのないことを書いております。
by tempurature
カテゴリ
全体
プログラミング
scheme
verilog
未分類
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
お気に入りブログ
PHPで競技プログラミング
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
情報処理技術者試験 お疲れ様..
at 2016-04-17 18:55
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-14 04:48
基本情報技術者試験 平成27..
at 2016-04-13 23:03
苦い薬(ハーブ、サプリメント..
at 2016-04-09 14:03
「おバカ度チェックリスト」を..
at 2016-03-24 09:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
racketのチュートリアルをやっていて
racketのWeb Applications in Racketというチュートリアルに取り組んでいます。
その中でサンプルコードを何度もupdateしているので、私も何度もそれらのコードを手打ちしているのですが(習わぬ経をなんとかというやつです)、一番最初のstruct定義のところでチュートリアル作者と私の間で感性が違うみたいです。

; チュートリアル作者(Danny Yooさん)

(struct blog (posts) #:mutable)
(struct post (title body))

; ブログ主(tempurature)

(struct post (title body))
(struct blog (posts) #:mutable)

きっとDannyさんが英語圏の人間で、私が日本人だからなのでしょう。はじめに結論ありきといいますが、あれはトップダウン的で、説明してから最後に結論を持ってくるのはボトムアップ的な考え方なのでしょう。

関係ないですが、素人の人(エグゼクティブなど)にとって一番大事なのは、目的なのでトップダウン的な考え方をするのかもしれません。専門家にとって一番大事なのは技術なので、ボトムアップ的な考え方をするのでしょう。
(ホンマでっかTVの評論家とか、ボトムアップの典型かと)


[PR]
by tempurature | 2015-07-25 04:59 | scheme
<< 最強のプログラミング環境は? idealの読み方は? >>